リポジトリをFSFSにしてみる

前回修復を実行して、3日足らずでまたも、BDBが壊れた。ホント?
こんなに頻繁に発生するのは困ったものだな。何かほかに原因がありそうな気もするものの、人は基本的に楽な方に流れてみたくなるもの。

って、事で一度試してみたかった、FSFSってに変更してみる。

とか、書いているものの実は簡単!!
いままでリポジトリのcreateで

# svnadmin create /var/svn/repos

としてたものを

# svnadmin create --fs-type=fsfs /var/svn/repos

にするだけ。簡単・すっきり・終了。でもそうはいかない、すでに存在しているリポジトリに積み重なってきたデータを簡単には手放せない。ってか、それじゃあ意味がない。でも、これもバックアップ−リストアと同じ要領で

# svnadmin dump /var/svn/repos > backup.dmp
# mv /var/svn/repos /var/svn/repos.old
# svnadmin create --fs-type=fsfs /var/svn/repos
# svnadmin load /var/svn/repos < backup.dmp
<<< オリジナルのリビジョン xxx に基づき、新しいトランザクションを開始しました

------- リビジョン xxx をコミットしました >>>

# 

で終わってしまう。

たったこれだけで、SubversionのDBDからFSFS化は終了しているはず。
試しに

# cat /var/svn/repos/db/fs-type
fsfs
# 

OKでしょう。
ここまで来たら、用無しのバックアップをサクッと消してしまいます。

# rm -Rf /var/svn/repos.old

これで、ひとまずFSFSになったはずなので、しばらく様子を見ることとします。